ぐるっとスカイツリー » お昼のお店 , 夜のお店 » 浅草 花やしきのすぐそばにできたリノベーションカフェ&バー アライコ・ダイニング

浅草 花やしきのすぐそばにできたリノベーションカフェ&バー アライコ・ダイニング

更新日: 2014年10月08日 水曜日
カテゴリ:お昼のお店 , 夜のお店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

araico dining
突然ですが、いつかは自分のお店を開きたい、自分で何かしてみたい、そんな風に思ったことってありませんか?今回ご紹介させていただく、「アライコ・ダイニング」さんはまさにその夢を働きながら自分たちで実現してしまった、リノベーションカフェ&バーで、早速お話を伺ってきました。

ここを作られた後藤さんご夫婦は、別々の仕事をしながら、自分たちでこの場所を改築して作られました。働きながらというスタイルは、オープン後もそのままなので、営業日は土日限定となっています。

ただ、空いていない平日は、自分たちと同じように「お店を持ちたい」という方にも使って頂けるようにという想いもあるようで、日替わりオーナー制を導入されたチャレンジショップになっています。

浅草 花やしきのすぐそば

araico dining
場所は、花やしきのすぐ近くで、向かって右側の方にお店があります。
残念ながらこの日はどんより曇り空でしたが、浅草寺も近いため、ご覧のように人通りは多め。

araico dining
お店の中にいると、ジェットコースターの音とお客さんの悲鳴が聞こえてくるので、最初は何事かと思うくらい。ほんとすぐそばです。

でも、花やしきの前や浅草寺のあたりとは打って変わって、人通りは少なく、大きな木があって落ち着いたのんびりした雰囲気です。悲鳴は聞こえてきますけどね。

 

さて、今回もリノベーション物件ということで、
店内を紹介させていただく前に、改築前の様子をちょっとご紹介いたします。

改築途中の様子

araico dining
以前アクセサリーショップさんだったというこの物件、壁や床などは、以前のものをそのまま利用することができ、大きく修理が必要な状態ではなかったそうです。ですが、元々飲食用の物件ではなかったため、水回りの整備やガス工事はプロに任せ、厨房と客席の間の壁の設置や2槽シンクなどの厨房機器の購入、カウンター作成など飲食店業ができるところまでは、自分たちで改築をされたそうです。費用面でもこのあたりの設備がやはりもっともコストがかかったようです。

飲食店以外の利用も可能

araico dining
そしてこちらが現在の様子。
店内は明るく、シックな家具にオレンジ色のポップな壁が引き立ってます。

現在は、飲食店をベースにした営業スタイルとなっていますが、お店をやってみたい方は、飲食店に限らず雑貨屋さんやギャラリー、ワークショップなどの教室としても利用可能なようです。貸し切りパーティーなどにもちょうどいい広さかと思います。

様々な用途で使える計算された自由なレイアウト

araico dining
店内の座席は、カウンターが6席、2人掛けのテーブルが2席と少なめですが、このカウンターは、壁に固定されていない作りになっていて、用途によっては取り外してスペースを広く使うことも可能なんだそう。

araico dining
このカウンターももちろん自作で、天板を買って来て作られた自作のカウンター。
細かい部分を見ると、製作中についた傷がところどころに。

広めのキッチン

araico dining
ご夫婦お二人がキッチンに立つことも考え、広めにスペースが取ってあるようです。
何人かで一緒にお店をやりたいと考えている方にもこの広さはありがたいですね。

食欲そそるビタミンカラー

araico dining
アライコ・ダイニングのキーカラーのオレンジが使われた壁。
このカラーは、人を元気にさせ食事を楽しくしてくれそうですね。

araico dining
外には大きな木があり、強すぎない日差しが店内を優しく照らしてくれています。
木漏れ日が入ってくる窓際の席がいい感じです。

日々進化中!

araico dining
メニューは試行錯誤段階ということで、まだ暫定メニューのようですが、夜はタイ料理をベースにした、お酒に合う洋食が中心になるとのこと。ご主人は飲食店で働かれている現役の料理人。今後どんな料理が登場するのか楽しみです。

araico dining
残念ながらこの日は食べれなかったのですが、オムライスの人気店でも働かれていたご主人が作る、ガパオを卵で包んだ「オムガパオ」というメニューが個人的にはとても気になりました。

まずは形から

araico dining
と、メニューはまだまだこれからという状況ですが、既に制服を着て働いている後藤さん。
そして、Tシャツなどのオリジナルグッズまで。なんと、これらは全てご主人が作られているそう。何事も形から!だそうです。

マスコット犬のいる空間

araico dining
残念ながら本日は不在でしたが、お店のロゴにもなっている愛犬がいることもあるんだそう。犬好きの方にはたまらないですね。ただし、ドッグカフェではないので、お客様のペットはお連れできないそうですのでご注意ください。

araico dining
「arai co dai」とはタイ語で「なんでもあり」という意味だそうで、
様々な方の将来の夢を実現するための場所になればとお考えのようです。

挑戦してみたいけど資金がなかったり、働きながらで時間がないという方は、ぜひ一度ここでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。現在出店したいという方を募集されておられるので、おいしい料理を食べながら、お話を聞きに行くだけでもぜひ。
こういったシェア店舗は、設備や場所をシェアできるという部分はもちろんですが、他に出店される方と情報交換や交流ができるのも魅力の一つですよ。

詳細情報

住所東京都台東区浅草2-29-2
営業日
× × × × × ×
営業時間土曜 12:00~14:30、19:00~23:00
日曜 12:00~14:30
電話03-3841-1006
URLhttps://www.facebook.com/araicodining
アクセス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お店紹介取材の募集
今回の記事を読まれて取材してほしいと思われた店舗様、当サイトに取材依頼してみませんか? ぐるっとスカイツリーでは、墨田区、台東区、江戸川区、江東区、葛飾区など東東京エリアのお店様の取材を受け付けております。 取材をご希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。 ライター及びカメラマンが実際に取材に伺い、今回の記事と同程度のボリュームで記事としてご紹介させていただきます。 ※一部、サイトのイメージとかけ離れるお店様はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

コメントは受け付けていません。

こちらの記事もおすすめです

▲ページトップに戻る



当サイト「ぐるっとスカイツリー」では、正確な情報提供に努めておりますが、すべての情報に関していかなる保証も行っておりません。
また、その内容に誤りがあった場合、または当サイトのご利用に際して生じたお客様と第三者との間のトラブルについては、一切責任を負いかねます。
尚、当サイトに掲載されている情報、ファイル名等は、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。